New Eagle (USA) 

 

New Eagle社は米国デトロイト近郊に位置します、エンジニアリング会社

EV、ハイブリッド車両の制御システムを提供します

ISO26262対応

EV、ハイブリッド車両の開発用ツール、ハードの提供を行います

制御装置、ソフト開発、モータ、バッテリー等、一式提案が可能です

自立運転用システムの提案が可能です 

 

 

制御ソフト開発ツール、ハード、量産対応まで提案致します

 

 

フレキシブルなコントローラ、ディスプレーが数種類、提供可能です

 

 

制御設計用ソフトツール Raptor-Devです

マトラブシムリンク上でターゲットとしたコントローラへ、簡単に制御系ソフトが作成できます

 

 

 

下記はEVの例で、制御、バッテリー、モータ等、 ONE STOP ショッピングが可能です

 

自立運転システムの例 (ROS: Robot Operating System ) ROSから下、DBWシステムを提供します


ISO26262への対応もアドバイス可能です。 https://neweagle.net/?s=iso26262

ISO 26262を理解する:あなたが知るべきこと
あなたの自動車開発戦略を計画するとき、車両が生産に移行するために満たさなければならない安全要求にどう対処するかを考えましたか?これらの要件を満たすためにスクランブルをかけると、道路上ではなく、開発中の車両を動かなくすることができます。ISO 26262について知っておくべきことの理解が必要です。。

ISO 26262に入る前に、まず自動車の安全度レベル(ASIL)を理解することが重要です。ASILは、自動車用の電気電子部品(E / E)の機能安全の開発に適用される安全基準を定めています。交通安全と見なされるためには、生産を目的とした車両がASILの基準を満たすか超えなければなりません。これは新しい領域になるかもしれませんが、安全な車両を製作し、法的責任を回避することが重要です。

ASILは危険のリスクに基づいて車両の安全性を等級付けします。車両内のシステムには、QM、A、B、C、またはDのいずれかのランクが付与されます。「QM」は危険度の最も低いリスクであり、「D」は最も高いリスクです。この種のランク付けでは、ASILは、E / Eシステムが適切なレベルの整合性で設計およびテストされていることを確認するために、関連システムの開発において何をする必要があるかを定義します。

これらのASIL分類の目的は、車両の電気システムに安全関連の単一障害点(SPOF)がないことを保証することです。

これは、エンジニアが機能不全の事象を検討することを難しくし、生産前で発見するのではなく開発中の潜在的な問題に対処することを可能にするためです。

電子システムのいずれを設計し、車を生産に投入する場合、ISO26262プロセスを考慮する必要があります。これらの基準を正しく満たさなかったり、正確な危険とリスク評価(HARA)を実行しなかったりすると、製造者責任を負わせる可能性があります。

ISO 26262プロセスは複雑で困難なものになる可能性があります。この規格は8年以上前から使用されていますが、多くの企業やエンジニアにとってはまだ比較的新しいものであり、多くの独自のアプリケーションや自動車プラットフォームに適用する方法を知るのは難しい場合があります。少量生産や商用車など、考慮が重要な特殊な状況に対する特別な規定もあります。New Eagleは、この規格をさまざまな用途やパワートレイン制御戦略に適用した経験があります。

職場でのエンジニアリングの専門家

開発するときは、チームの能力を高めるために効果的なツールを用意することが重要です。さまざまなツールが、要件のトレーサビリティ、コード作成の効率性、フォルトツリー分析、および要件ベースのシステムのテストに役立ちます。New Eagleは、エンベデッドモデルベース開発ツール(eMBD)、Raptor-Devを提供します。これはソフトウェア開発の効率を大幅に向上させ、関連するMathworks™ツールボックスと共に使用して要件への追跡可能性を提供します。さらに、New Eagleは、開発の最終段階でシステムが要件を満たしていることを確認するために、ソフトウェアとハ​​ードウェアの自動回帰テストをまとめて実行するためのRaptor-Testを提供しています。

ASILに正しく準拠し、ISO 26262を満たすためには、安全性が制御システム戦略の中心にあるべきです。たとえば、自動車機能安全エンジニア(AFSE)または専門家(AFSP)である制御エンジニアを選択すると、プロジェクトリーダーとしての役割を果たすことになり、エンジニアリングチームが作業を繰り返し評価してエラー、冗長性、および冗長性を探す習慣をつけることができます。最終車両に誤動作を引き起こす可能性があるSPOFへの注視が必要です。

AFSEは、ハードウェアおよびソフトウェアの設計からHARAの正しい実行に至るまでのすべてにおいて、安全に関する最善の実践方法を網羅する厳格なトレーニングを正常に完了しました。これにより、エンジニアはISO 26262の要件を満たす、またはそれを超える制御システムを安全に開発することができます。

あなたのチームがAFS認定を受けていないためにASIL要件とISO 26262を満たすことを心配している場合は、New Eagleのようなエンジニアリングサービスコンサルタントが あなたのチームを増強することで助けになることができます。E / Eシステム設計を支援し、必要なHARAを実行して文書化し、車両の安全性を確認する機能により、当社のエンジニアはお客様の機械をより迅速かつ安全に生産に移すことができます。

STOREに入りますと、それぞれの製品価格が分かります(簡単な登録が必要です)

https://neweagle.net/